インデックス投資

【書評】ファンドを買ったら気絶しよう!『ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること 「すごい会社」の見つけ方』苦瓜達郎

大和住銀投信投資顧問のファンドマネジャー、苦瓜達郎さんの著書です。 ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること 「すごい会社」の見つけ方 (幻冬舎新書) posted with amazlet at 18.03.07 苦瓜 達郎 幻冬舎 (2017-11-30)売り上げランキング: 2,71…

【2018年3月版】つみたてNIISA(積立NISA)初心者におすすめの商品(インデックスファンド)は『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』だ!【商品の選び方】

早速ですが結論を言います。 2018年3月現在、つみたてNISAに一番最適な商品は 『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』 であると、私は思っています。 なぜ『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』が最適なのか。 その理由について、これまで自分が…

海外指数と代表インデックスファンドまとめ。

あれ、あの指数は日本含むんだっけ?含まないんだっけ?みたいなことが最近よくあるので、自分用にちょっとまとめておきます。 参考にしたのはこの記事。 style.nikkei.com MSCI コクサイ 日本を除く先進国株。代表ファンドはeMAXIS Slim 先進国株式インデッ…

日本株と新興国株のインデックスファンドをポートフォリオに入れるかどうか問題。

2月の暴落の後、自分のアセットアロケーションについてふわふわと考えているのですが、その中でもなかなか答えが出ないのが日本株と新興国株のインデックスファンドをポートフォリオに入れるかどうかという問題です。 この問題について考えるようになったの…

【「つみたてNISA」おすすめ商品最有力】信託報酬が税抜0.142%の『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』が登場!「ひふみ投信」との組み合わせにも最適!

3/2、三菱UFJ国際投信から新たな超低コストインデックスファンドが発表されました。 その名は、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)! プレスリリースはこちら。 『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』の設定について 驚くのはその信託報酬の安…

【2018年1月末時点】つみたてNISA対象ファンドで信託報酬最安のファンドって何?

インデックス投資の基本のひとつが、低コストのファンドを選ぶこと。2018年に始まったつみたてNISAの対象ファンドの中で、一番信託報酬が低いファンドって何なんだ?と気になって検索してみたら、ぴったりのサイトがありました。 nisa.morningstar.co.jp こ…

【書評】投資で一番大事なのは「負けない」こと!『敗者のゲーム』チャールズ・エリス

インデックス投資家のバイブルと言われる『敗者のゲーム』をついに読み始めたんだけど、めちゃめちゃ刺激的でやばい。おもしろすぎる。 敗者のゲーム〈原著第6版〉 posted with amazlet at 18.03.02 チャールズ・エリス 日本経済新聞出版社 売り上げランキン…

積み立て投資にはドルコスト平均法のメリットなんてない!?

インデックス投資家にはお馴染み、山崎元さんの記事で気になる点があったのでメモ。 diamond.jp この記事によると、積み立て投資のメリットとして常に語られる「ドルコスト平均法」は、リスクの軽減が期待できるものではなく、医学的な根拠はないけれども普…