【書評】水瀬さんの投資実践記に励まされる!『お金は寝かせて増やしなさい』水瀬ケンイチ

水瀬ケンイチさんの『お金は寝かせて増やしなさい』を読みました!

 

特によかったのは下記の3点。

よかった点その1:各パートの導入部が漫画から始まる!

主人公の女性が名著「ウォール街のランダムウォーカー」に偶然出会う、というストーリーの漫画からこの本は始まります。やはり投資ビギナーにとって投資をスタートさせることはハードルが高いと思うので、漫画から始まるというのは投資の世界に入り込み易くするアイデアとしてはすごく秀逸だなと思います。

よかった点その2:具体的なおすすめインデックスファンドが掲載されている!

積み立て投資の解説書の中には、具体的なファンドに関する言及がなく、結局どのファンド買ったらいいんだよ!となるパターンが時々ありますが、この本に関してはその心配はご無用。しっかりとおすすめのファンドが掲載されています。そして近年はインデックスファンドの低コスト競争が激化していますが、そちらに関してもブログのほうでチェックすることができるので、本書を読んで終わりじゃない!という点も素敵ですね。

よかった点その3:水瀬さんの投資実践記が素晴らしい!

個人的にいちばんよかったところが、水瀬さんの投資実践記です。2004年から15年に渡る投資のプロセスを、1年1年丁寧に追っていきます。その1年にどんなことがあったのか、その結果どんな暴騰、暴落を経験したのか。まだ投資を始めたばかりの自分にとっては、過去のインデックスの投資の歴史を学べたことは非常に勉強になりました。何より、2008年のリーマンショックを経験しても、2009年にはV字回復していたというのは、とても勇気づけられるものがありました。

これからインデックス投資を始める人はもちろん、ここ15年のインデックス投資の環境の変化をざっくり知りたい人にもおすすめの一冊です!