レオス藤野さんも注目する苦瓜達郎さん(大和住銀投信投資顧問)の情報まとめ。

私が信頼している、というかお金を預けている(ファンドを買っている)アクティブファンドのファンドマネジャーのひとり、苦瓜達郎さん(大和住銀投信投資顧問の記事をまとめておきます。「顔の見えるファンドマネジャー」と言えばひふみの藤野さんが圧倒的に有名ですが、個人的には苦瓜さんも露出が多いほうだとは思っていて、これらを読むことで、この人にならお金を預けても大丈夫かな、と思ったので、苦瓜さんが運用するアクティブファンドを保有しています。

独自の「基準株価」で見抜く 中小型株プロの選球眼

style.nikkei.com

これを読めば苦瓜さんのことが大体わかる良記事。

時価総額30億~1000億円の中小型株に投資する「J-Stockアクティブ・オープン」「ニッポン中小型株ファンド」「大和住銀日本小型株ファンド」の3本の公募型投資信託を運用する。過去1年間のリターンはそれぞれ52.7%、41.1%、49.8%と驚異的な数字だ

この部分を読むだけ苦瓜さんのすごさがわかる。ちなみに私が保有しているのが「J-Stockアクティブ・オープン」「ニッポン中小型株ファンド」の2本です。残念ながらどちらも買付停止中。

レオス・藤野氏×大和住銀投資顧問・苦瓜氏「中小型株対談」

shikiho.jp

こちらはひふみ投信でお馴染み、レオスの藤野さんとの対談。

藤野英人氏(以下、藤野):苦瓜さんのファンドマネジャーとしてのすごさは、「変わらない」こと。変わらずに好奇心を持ち、多くの会社面談、調査、工場見学などを積み重ねてきている。アナリストを含めて、会社との面談の数でも傑出した存在ではないかと思う。圧倒的な企業取材の量が、高い質の運用を生んでいる。

マーケットの状況によっては短期的にパフォーマンスが落ちてしまうことはあるとはいえ、それでも揺るがないことが数年のスパンでみればいい結果を生んでいる。これが私なりの「苦瓜論」だ(笑)

藤野さんが苦瓜さんのことがどんだけ好きかがよくわかる(笑)。どの本か忘れたけど、藤野さんは本でも「私が唯一認めるアクティブファンドのファンドマネジャーが苦瓜さん」って書いてましたね。

投資信託をもうちょっと身近に感じてみよう」勉強会・第4回(大和住銀投信投資顧問・苦瓜達郎さん)

blog.business-shikaku.com

こちらは苦瓜さんをゲストに招いた勉強会のレポート。Q&Aが非常に参考になりますが、特筆すべきはこの部分。

(Q)苦瓜さんの後継者はいるのか。ファンドの継続性については?
(A)基本的には運用は職人。「一代仕事」だと思っている。近くにいる部下が、自分のことを見て身に付けている部分はあるが、やはり自分には自分、彼には彼の強みがあるので完全に同じ、ということにはならない。

自分は「どのファンドマネジャーにお金を預けるか」という視点で投資するアクティブファンドを選んでますが、やはりファンドマネジャーが変わったら投資を継続するかどうかは要件等ですね。

マーケッツのツボ「AIには負けない! 腕利きファンドマネジャーの“お宝”中小株発見術」

www.youtube.com

こちらは動画。生の声を聞けるとまた信頼感が増します。

ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること 「すごい会社」の見つけ方

ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること 「すごい会社」の見つけ方 (幻冬舎新書)
 

今後も苦瓜さんが運用するファンドを保有する限りは常にチェックしないといけないので、新しい情報を見つけたら随時更新していきたいと思います。