フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルなどに投資する「iFreeNEXT FANG+インデックス」が激熱ぽい。

f:id:okuotoko99:20180311183356j:plain

いつものようにインターネットを巡回していたところ、また気になるファンドを見つけてしましました。

www.daiwa-am.co.jp

米国のテクノロジー企業をまとめて「FANG」と呼んだりしますが、その辺りの企業に投資するインデックスファンド「iFreeNEXT FANG+インデックス」です。

「FANG」とは

上記のサイトから引用。

「FANG」(ファング)とは、「Facebook」(フェイスブック)、「Amazon」(アマゾン・ドット・コム)、「Netflix」(ネットフリックス)、「Google」(グーグル)(現 Alphabet:アルファベット)といった世界のテクノロジーの進歩をリードする企業の頭文字をつないだものです。「Apple」(アップル)を加えて、「FAANG」という場合もあります。

 組入銘柄

続いて、2018年1月末時点の組入銘柄です。

FANGだけでなくエヌビディアにテスラ、ツイッター、そしてなんと中国のアリババとバイドゥまで入ってるじゃないですか!個人的にはこれからのテクノロジーを牽引していくのは中国だと思ってるのでめちゃめちゃ熱い。激熱。マイクロソフトも入ってたらもっといいかなと思ったけど、マイクロソフトは「ひふみプラス」に入ってるからいいかな。

ひふみ投信マイクロソフトに投資している件についてはこちらの記事で詳しく書いています。

okuotoko99.hatenablog.jp

パフォーマンス

サイトでナスダック、ダウ、S&P500との比較が掲載されています。それがこちら。

f:id:okuotoko99:20180311183646p:image えぐい!えげつない!圧倒的ハイパフォーマンス!もちろんこれは過去のパフォーマンスなので未来のことはわかりませんが、それにしてもこの勢いはすごい。

信託報酬

そして何よりも気になる信託報酬は税抜0.705%ひふみ投信が税抜0.98%なので、テクノロジー企業に投資するアクティブファンドと考えればお求めやすいお値段なのでは?という気がします。

個人的には「シリコンバレー最高!日本はクソ!」と思ってるタイプの人間なので、この銘柄のラインナップはめちゃめちゃ魅力的だし見てるだけでワクワクする。あとLPが結構ちゃんと洗練されたデザインになっているので、その辺りでも運用会社の企業努力が見えて印象いいですね。

というわけで3月から積み立てるかどうかを真剣に検討しようと思います。長期で積み立てるインデックスとしてはハイリスクだけど、中期のアクティブファンドだと思えば投資する価値はありそう。あとテクノロジーの未来を信じてる派なので、そういう意味でもこの辺の企業に投資したいという気持ちもある。米国株は楽天VTにしようかと思ってたけど、こっちでもいいかもという気がしてきた。

ちなみにシリコンバレーの企業に投資するなら、その企業やCEOに関わる本を読むことでミッションや経営哲学がわかるので、投資判断の参考になると思います。

 

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
ジェフ・ベゾス 果てなき野望
ブラッド・ストーン
日経BP
売り上げランキング: 2,147
Hit Refresh(ヒット リフレッシュ) マイクロソフト再興とテクノロジーの未来
サティア・ナデラ グレッグ・ショー、ジル・トレイシー・ニコルズ
日経BP
売り上げランキング: 37,462