【つみたてNISA】「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」がなんと3回目の信託報酬引き下げ!「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」第5位の投資初心者にもおすすめの商品!

みんな大好き超低コストファンド「eMAXIS Slim」の最新情報です。

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の信託報酬の引き下げが発表されました。

なんと、3度目の信託報酬引き下げです!

プレスリリースはこちら。

https://emaxis.jp/text/release_180316_1.pdf

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」は2月にも信託報酬の引き下げを発表したばかり

実は「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」は、2月16日にも信託報酬の引き下げを発表したばかりでした。

eMAXIS Slimのサイトでもこちらのような画像が使われています。

f:id:okuotoko99:20180312224204p:plain

「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ実績

2回目の信託報酬引き下げから、わずか一か月足らずでの引き下げになります。

プレスリリースに「以下の引き下げは 3 月 9 日時点における他社類似ファンドの情報を元に決定されたものです。今後も引き続き、他社類似ファンドの運用コストに注意を払い、業界最低水準の運用コストをめざします」とありますが、いかに「eMAXIS Slim」が競合ファンドの動きをチェックしているかがわかりますね。

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の引き下げ後の信託報酬は税抜0.160%

2回目の信託報酬引き下げで税抜0.209%以内となっていましたが、今回の引き下げで 0.160%以内になります。

 

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」とは

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、次の8資産に均等に投資する投資信託です。

  1. 国内株式
  2. 先進国株式
  3. 新興国株式
  4. 国内債券
  5. 先進国債券
  6. 新興国債券
  7. 国内リート
  8. 先進国リート

f:id:okuotoko99:20180510225537p:plain

それぞれのマザーファンドと運用目標は次の通り(公式ページより引用)。

  1. TOPIXマザーファンド:東証株価指数(TOPIX)と 連動する投資成果をめざして運用
  2. 外国株式インデックスマザーファンド:MSCIKokusaiIndex(MSCIコクサイインデックス)( 円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用
  3. 新興国株式インデックスマザーファンド:MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)と連動した投資成果をめざして運用
  4. 日本債券インデックスマザーファンド:NOMURA-BPI総合と連動する投資成果をめざして運用
  5. 外国債券インデックスマザ ーファンド:FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用
  6. 新興国債券インデックスマザーファンド:JPモ ルガ ンGBI‐EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用
  7. 東証REIT指数マザーファンド:東証 REIT指数(配当込み)と連動する投資成果をめざして運用
  8. MUAM G-REITマザーファンド:S& P先 進国 REITインデックス(除く日本、配 当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用

一本で国内、先進国、新興国、株式、債券、リートと、かなり幅広く分散投資できる投資商品となっています。

個人投資家にも非常に人気で、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」で第5位にランキングしています。

これだけの投資対象に分散投資できるにも関わらず、リバランスが不要というのが最大のメリットです。

 

相変わらずインデックスファンドの低コスト競争で独走状態の「eMAXIS Slim」。

今後も他社を含めた低価格競争に期待したいです。

 

★こちらの記事もあわせてどうぞ★

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)」と「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」を比較しています。

www.okuotoko99.com