【店頭でオマモリを購入!?】マルイtsumiki証券の斬新すぎるビジネスモデルに度肝を抜かれた件。

昨日記者発表があった、丸井グループの証券事業「tsumiki証券(予定)」。

記者発表から一夜明けて、さらなるサービス内容が明らかになってきました。

その中でも衝撃的なのは、証券会社としては斬新すぎるビジネスモデルです

 

tsumiki証券で投資をはじめるには、店頭でオマモリを購入する必要がある

いきなり本題に入りますが、tsumiki証券で投資をはじめるには、オマモリを購入する必要があるそうです。

もう一度言います。

tsumiki証券で投資をはじめるには、

 

オマモリを購入する必要があります。

 

 

 

 

オマモリ…?

 

 

 

オマモリってなんなんだよ。

皆さんそう思われたに違いありません。

そんなあなたに朗報です。

なんと私、オマモリの画像を入手しました。

それがこちら。

 

f:id:okuotoko99:20180727194010p:image

 

どうですか。

これがオマモリです。

これでtsumiki証券のことがわかっていただけたかと思います。

 

って、わかるはずないですよね。

皆さんの頭の上に?が浮かんでいるのが目に浮かぶようです。

もう少し詳しくみていきましょう。

 

昨日の記者発表について、現状こちらの記事がもっともよくまとまっています。

 

kinyu-joshi.jp

 

そして、newspicksでは、マルイ青井浩社長と、ビジネスデザインを手がけたデザインオフィス「nendo」のデザイナー佐藤オオキ氏のインタビューが掲載されました。

 

newspicks.com

 

この2つの記事を読んでわかったのが、その斬新すぎるビジネスモデルです。

 

店頭でオマモリを購入し、QRコードを読み込み

tsumiki証券で投資をはじめるまでのフローは下記の通りです。

 

1.店頭でオマモリを購入する

まず、店頭でオマモリを購入します。

オマモリとは、上記の画像にあるようなプロダクトのことです。

このオマモリの裏には、QRコードが隠れています。

 

2.QRコードを読み取る

オマモリの裏にあるQRコードをスマホで読み取ります。

 

3.口座の開設申し込みへ

口座の申し込みをします。

 

以上が現在わかっているtsumiki証券でつみたて投資をスタートさせる方法です。

ちょっと斬新すぎてついていけないところもあるのですが、ひとつわかることは、私のようにネット証券で投資信託を買っている人間は全くターゲットではないということです。

 

オマモリというプロダクトを生み出すことでタッチポイントを店頭に持ってきた

tsumiki証券はマルイのクレジットカードである「エポスカード」で投資信託を購入するサービスになります。

当然ターゲットは、エポスカードのユーザーである20代~30代の女性になります。

このビジネスモデルのすごいところは、彼女たちと投資のタッチポイントを、マルイの店頭に持ってきたということです。

彼女たちは、私たちのように積極的に投資の情報を収集することはありません。

そんな彼女たちに投資との接点を持つためには、彼女たちの行動導線の中にタッチポイントを設定する必要があるのです

それが「オマモリ」というプロダクトだったというわけです。

 

全く新しい投資ビジネスは成功するのか

以上、tsumiki証券の全く新しい投資のビジネスモデルについてまとめてみました。

このビジネスが上手くいくのかどうか、全く想像もつきませんが、丸井グループの挑戦にこれからも注目したいと思います。

 

★こちらの記事もどうぞ★

昨日の記者会見直後、デザイン戦略からtsumiki証券を考察しています。

www.okuotoko99.com