楽天経済圏とは楽天スーパーポイントをどれだけ貯められるかを競うゲームだ。

f:id:okuotoko99:20180319213214j:plain

どうも皆さんこんばんは。

楽天ゴールドカードマンです(楽天ゴールドカードをチラつかせながら)。

 

先日楽天証券なら楽天スーパーポイントで投資信託が買えると知り、楽天経済圏での暮らしを始めました。

早速楽天スーパーポイントを1ポイントでも多く貯めるために、メインカードを楽天カードに切り替え、楽天カードを楽天ゴールドカードに切り替え、楽天Edyに登録し、楽天アプリをダウンロードし、楽天ブックスで買い物し、とにかくあらゆることを楽天中心の生活に切り替えています。

そうです、楽天の思う壺です。

三木谷さんの掌の上でコロコロです。

我ながらここまで踊らされるのもどうなんだと思うんだけど、いやこれがまた、結構楽しいんですよね。

楽天ブックスで月一回購入すると楽天スーパーポイントが+1倍になるんですが、昨日ちょうど欲しい本を見つけてしまいまして。

 

みんな大好き山崎元さんの新著です。

おおこれはちょうどいいタイミングで買いたい本ができたと思って、楽天ブックスで買ったんですよ。

そしたら、+1倍のところに「達成!」みたいなのがつくわけです。

これからあなたはポイントが+1倍になりますよと。

それを見て思うのです。

ああ、オレはやってやったんだと。

これからのオレは+1倍なんだと。

昨日までのオレとは違うんだぜと。

その達成感がまた、こうなんかグッとくるわけです。

それで思ったんですよ。

あれ、この感じ、なんかに似てるなと。

なんか最近、こういう感じのことあったなと。

で、ちょっと考えてわかったんです。

あーこれは、ポケモンGOだな、と。

ポケモンGOに「しあわせタマゴ」っていうアイテムがあって、使うと30分だけ獲得できる経験値が2倍になるんですよ。

ポイントが+1倍(つまり2倍になる)って、まさにこれだなと思って。

与えられた条件をクリアすると、ゲームを有利に進めることができるようになるっていう。

他にも楽天スーパーポイントをたくさんためるにはいろんな条件とか、イベントとか(楽天スーパーセールとか)もあって、これはもう完全に、それをひとつひとつクリアしていって、ポイントをどれだけ貯められるかを競うゲームなんだな、と思ったわけです。

 

昨年発売されて今もベストセラーになっている本で、佐藤航陽さんが書いた『お金2.0』という本があります。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)
佐藤 航陽
幻冬舎 (2017-11-30)
売り上げランキング: 24

この本の中に『ゲームとは報酬回路を人工的に刺激する「優れた装置」』という一文があります。

楽天経済圏で楽天スーパーポイントを集めるというのは、まさにこの報酬系を刺激して快楽物質を分泌するようにできている極めて秀逸なゲームであり、そこにこうして私のような人間がずぶずぶとはまっていくんだなと思いました。

しかも楽天スーパーポイントはポイントという金銭的欲求まで満たしてくれるからめちゃめちゃ強い。

ポケモンGOは課金してお金が減ることはあっても、増えることはないですからね。

とかいつつ楽天経済圏での生活をはじめてポイント欲しさに早速無駄な課金をしているような気がしないでもないですが、買わなくていいものはなるべく買わないで、1ポイントでも多く楽天スーパーポイントを貯めるゲームを楽しみたいと思います。

ああそういえば新しい靴が欲しいんだった(楽天ブランドアベニューをうろうろしながら)。