【楽天証券とSBI証券を比較】20代、30代の投資初心者が「つみたてNISA(積立投資)」を始めるにはどこの証券会社で口座を開設すればいいのか問題。

2018年から「つみたてNISA」が始まり、20代、30代の若い世代の皆さんでも投資を始める方が増えているそうです。

投資を始めるに当たって、最初にぶつかる難題が口座を開設する証券会社の選び方です。

銀行がいいのか証券会社がいいのか、店舗がいいのかネットがいいのか、どこで口座を開設するのがベストなのか迷うと思います。

そこで、投資初心者でも間違いのない証券口座の選び方を書いてみようと思います。

とりあえず楽天証券かSBI証券を選べば間違いない

早速結論から言うと、楽天証券かSBI証券を選べば間違いありません

そしてぶっちゃけどっちでも大丈夫です。

手数料や商品数の多さなど、初心者が「つみたてNISA」や積立投資をする上で満たさなければいけない条件はどちらもすべてクリアしています。

ちなみに私はこれまでSBI証券で積立投資を行ってきたのですが、先日楽天証券も口座の開設を申し込みました

そして、まさにこの記事を書いているたった今、楽天証券から必要な書類が届きました!

なんてタイムリーなんだ。

早速この後設定をしたいと思います。

ではなぜ私がSBI証券だけでなく楽天証券の口座を開設したのかという点も含めて、両者のメリット・デメリットを比較したいと思います。

楽天証券のメリットは楽天スーパーポイントで投資信託が買えること!

SBI証券と比較した場合の楽天証券の最大のメリットは、楽天スーパーポイントで投資信託の購入ができることです。

f:id:okuotoko99:20180317141413j:image

私が追加で楽天証券の口座を開設したのも、楽天スーパーポイントで投資信託を購入するためです。

メインのクレジットカードを楽天カードにして、なるべく楽天で買い物をするようにすれば、ちょっと工夫するだけで楽天ポイントはかなり貯まるようになると思います。

 

楽天カードの申し込みはこちらから

 

ただ楽天ポイント貯めて持っているだけで増えることはありませんが、これを投資に回すことで、どんどん増やすことが可能になるのです。

これはSBI証券にはない大きなメリットとなります。

 

楽天証券の申し込みはこちらから

 

SBI証券のメリットはポイントサイト「ハピタス」を経由することで4000ポイントが還元されること!

続いてSBI証券を選んだ場合のメリットですが、ポイントサイト「ハピタス」を経由することで、なんと4000ポイントが還元されます!(2018年3月17日現在)

f:id:okuotoko99:20180317134448j:plain

ハピタス」のポイントは楽天ポイントなどにそのまま交換できるので、実質4000円分と考えて問題ないと思います。

口座を開設するのにお金がかかるわけではないので、これはタダで4000円もらえるようなものです。

このキャンペーンがいつまで続くかはわからないので、ぜひお早目に「ハピタス」に登録して、SBI証券を開設することをおすすめします。

ちなみに楽天証券を「ハピタス」経由で申し込むと200ポイント還元されるのですが、私はもちろんこれを活用しました。

f:id:okuotoko99:20180317140947j:image

このように200ポイントが判定中となっています。

ハピタス」はとてもお得なサイトなので、口座開設に関わらず、ぜひ登録してみることをおすすめします。

「ハピタス」の登録はこちらから

SBI証券のデメリットは投資信託のページがスマホ版に対応していないこと

続いて私がSBI証券を使っていて感じるデメリットですが、SBI証券では投資信託のページがスマホ版に対応していません。

なので、スマホで見る時はPC版を表示して資産額などを確認しています。

これがなかなか見るのが大変なので、ぜひSBI証券にはスマホ対応をお願いしたいです。

楽天証券はまだ使ったことがないのでわからないのですが、登録に関しても非常にスムーズだったので、この辺りのところも快適なのではないかと期待しています。

迷ったら楽天証券とSBI証券の両方を開設してみるという手も!しかし「つみたてNISA」の口座はひとつだけ

ここまで楽天証券とSBI証券の比較してみましたが、やはり自分で使ってみないとどちらが自分にあっているかはわからないと思います。

そこで、両方開設してみるというのもアリだと思います。

証券口座を複数持つことは全く問題ないですし、楽天証券とSBI証券なら口座開設に費用もかかりません。

そして前述した通り、「ハピタス」を経由すればポイントが合計4200ポイント還元されます。

しかしここで注意が必要なのが、「つみたてNISA」の証券口座はひとつの金融機関しか選べません。

例えばSBI証券で「つみたてNISA」の口座を開設した場合、楽天証券は特定口座か一般口座という口座にする必要があります。

なので、SBI証券の4000ポイントはまたとないチャンスなので、とりあえずSBI証券で「つみたてNISA」の口座を開設してみるという方法もあります。

 

以上、私の実体験を踏まえて、SBI証券と楽天証券を比較してみました。

ちなみに私のおすすめは、やはり楽天スーパーポイントで投資信託が購入できる楽天証券です。

口座開設は無料なので、ぜひ申し込んでみてください。

 

楽天証券の申し込みはこちらから>

 

★こちらの記事もどうぞ★

投資初心者の皆さんにおすすめの積み立て投資本を紹介しています。

【2018年3月版】「つみたてNISA」と積み立て投資が初心者でもよくわかる!おすすめの本3選+1。 - 億万長者になりたいの。

 

口座を開設できたら、商品選びはこちらを参考にしてみてください。

【2018年3月版】つみたてNIISA(積立NISA)初心者におすすめの商品(インデックスファンド)は『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』だ! - 億万長者になりたいの。